Ethiopia Worka Sakaro 100g 浅煎り

¥1,300

SOLD OUT

イルガチェフ地域東側のゲデオゾーンは6つの地区に分れており、その内の一つがゲデブ地区です。首都アディスアベバから434㎞離れ、数年前までは車で8時間近く掛かる僻地でしたが、2016年に開通したエチオ-ケニア道路の開通により所要時間は3時間ほどまでに近くなりました。土地の1/4にコーヒーが植えられる程、エチオピアの中でもコーヒー生産に適した環境が整っている地域です。ゲデブ地区は16の行政区に分かれ、その一つがウォルカ・サカロです。
急斜面、緑が多く濃いので自然栽培によい。特にコーヒーの木のまわりにはホルスバナナツリーが多く、葉が落ちて分解発酵しコンポストとなることで窒素が増え、土壌がリッチになります。
水洗工場名のウォルカとは、現地ゲデオ語で「金」を意味しますが、エチオピア最後の皇帝ハイレセラシエの部下がこの地を訪れた際に、人々の持て成しに甚く感銘を受け、この地をウォレカ(金)の地と呼ぶようになりました。
ウォルカ・サカロ水洗工場は2019クロップより、BNTの子会社レンジャー(社員は写真の緑のユニフォーム着用)が水洗工場を所有し、これまで以上の最高のイルガチェフ作りを目指し、始めた水洗工場です。優秀なスタッフをそれに見合う賃金で集めて、精製~乾燥工程を丁寧に行っています。

テイストは、柑橘系の果実やレモンティーのような風味。明るい酸質で口当たりも良く、白桃のような甘み、後味にはキャンディーのような甘さが長く続き余韻を楽しめます。

Flavor profile | Lemon tea,Peach,Candy like,Sweet Aftertaste

生産国 | Ethiopia(エチオピア)

生産者 | 25軒の小規模農家

品種 | Heirloom (在来種)

地域 | Gedeb Worka Sakaro, Gedeo zone,Yirgacheffe (イルガチェフ,ゲデオゾーン,ゲデブ ウォルカ サカロ)

生産処理方法 | Fully Washed(水洗式)

標高 | 1,900-2,100m

ローストレベル | Light roast (浅煎り)

SOLD OUT

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

Pre-Order Item

Expected shipping date: 02/22/2024 ~ 02/25/2024

*Tax included.

*Shipping fee is not included.More information

Shipping method / fee

The shipping fees and delivery method/s for this product are as follows.
Japan domestic shipping fees for purchases over ¥4,000 will be free.

  • クリックポスト

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan ¥300

*Japan domestic shipping fees for purchases over ¥4,000 will be free.

生産処理の詳細

小規模農家が収穫したチェリーを近隣の水洗工場や販売所に搬入、熟度の良いものを工場のタンクに投入チェリーはマッキノン製のディスク式パルパーで皮を剥き、水流によってパーチメントをP1、P2、P3に比重選別(P1が重く、最上級。)
パーチメントは醗酵槽に導かれ、そこで約36~48時間の醗酵処理
表面の滑りがパーチメントから剥離する段階で、水路で水洗い
約半日のソーキング後、パーチメントの水を切り、アフリカンベッドで天日乾燥
パーチメントの撹拌と欠点除去を行いながら、12~15日間掛け乾燥を仕上げる
脱穀工場でドライミリング後、精製不純物除去、脱殻、比重選別、ハンドピックを経て、最終精製された生豆を麻袋に充填、輸出
日照の強い11~15時の時間帯は、パーチメントをビニールシートで覆います。これは、パーチメントを護ることと急激な乾燥を防ぐためです。標高が高い上に、赤道直下のこの地域では、日照が強すぎるとチェリーやパーチメントにダメージを与えて、味に濁りが出てしまいます。また、通常の乾燥日数が8日間のところ、12~15日間掛けてゆっくり乾燥を進める(スロードライング)ことで、コーヒー内の水分を均一化させ、複雑でありながらクリーンな味わいを作り出しています。緩やかな乾燥は、消費国での生豆の保存性にも大きな影響を及すことが分かってきました。
乾燥後、脱穀された生豆は、機械選別後、ハンドピックにより選別され、高品質FWコーヒーが完成します。方法はシンプルですが、人の力が品質を大きく左右します。 

Related Items
  • Originl Blend Drip Pack × 20p 中煎り
    ¥3,600
  • 【オンライン限定/送料無料】お試し3種セット(各75g)
    ¥2,500
  • Ethiopia Worka Sakaro 200g 浅煎り
    ¥2,100

Reviews of this shop